信頼できる不動産で物件を探す【いい物件ハケーン】

real estate

注意点がある

手続きが円滑に進むとは限りません

home

日本は超高齢化社会に突入しています。悲しいことではありますが、人間は誰しも最終的には亡くなってしまいます。 親が亡くなったりして不動産を相続した場合に、相続人が引き続きその相続した不動産を利用する場合には問題とならないのですが、不要な不動産を相続した場合には、売却するケースも多いことかと思います。以下では、売却をする場合の注意点について述べていきます。 まず、不動産の名義は可能な限り1人にしておきましょう。相続人の共有名義などはできるだけ避けてほしいのです。なぜならば、共有者間で将来紛争がないとは限らず、もし紛争などが発生してしまうと不動産の売却は極めて難しくなってしまうのです(共有物の売却は、共有者全員の同意が必要)。

相続不動産に関するトラブルは増えるでしょう

「我が家に限っては、将来の紛争など起こりえない」とお考えになるかもしれませんが、本当に不動産に絡む相続人間のトラブルは多いものなのです。 また、共有者の持分がさらに相続によって枝分かれしていくことも想定され、共有者がどんどん増えていくと売却の意思決定がまとまらないという事態も想定されるのです。したがって、権利関係を単純化するためにも、登記名義人は一人としておくのが良いのです。 不動産をめぐるトラブルは今後も増加していくことでしょう。特に東京都心の高額立地に存する不動産になると、それだけ金額も大きくなることから、お金の分配をめぐる紛争が発生しやすくなります。本来、身内でこのようなトラブルが発生するのは悲しいことなのですが、この厳しい現実をきちんと受け止め、事前に対処しておくことが大切なのです。