信頼できる不動産で物件を探す【いい物件ハケーン】

real estate

現金にする

どんな方法を選ぶ人が多いのだろうか

beauty house

近年の傾向として、地価の上昇により不動産の価格も高騰しています。 この傾向は東京オリンピックの開催まで続くと予測されています。 この事から首都圏などでは不動産の売り時といわれ、売却が増えているようです。 また、相続税の改正が行われたことにより、不動産を相続した場合に税金が高くなるという人が増えることが予測されます。 相続税の課税対象額が下がるため、これまでは納めなくてよかった人も相続税を払う必要が出てきます。 相続税は現金で一括で払う必要があります。 そのため不動産を相続しても預貯金がなく相続税が払えない場合、不動産を売却する人が増えるのではないかと考えられます。 また、利用しない不動産を持っていても固定資産税を払い続けないといけないため、売却して現金に換える人が多くなるでしょう。

不動産の売却で気を付けることはなんだろう

相続対策の不動産売却で注意することは、不動産がいくらで売却できるのか価格をしっかりと把握するということです。 相続税の金額を下回る価格でしか売却できないというケースも考えられます。 その場合はお金ではなく物で支払う物納制度を利用するという手段もあります。 物納では不動産を売却せずにそのまま国に納めることができます。 この時注意したいのが、物納は市場の時価で価格を計算しないということです。 不動産売却とどちらが得なのか判断が難しく、専門家の意見が必要になります。 他にも相続人が住み続けることによる特例や土地の評価を下げる特例などが存在します。また、売却の時期によっても納める金額が変わってきます。 複雑な税制が適用されるので、弁護士や税理士などに相談するのがいいでしょう。